幼児教育無償化

幼児教育・保育の無償化 手続きや申し込みは必要?お金のどこから払われるの?幼稚園で預かり保育の人はどうなるの?

2019年10月から幼児教育・保育の無償化がスタートしました。

具体的になんとなく安くなるのはわかるけど、詳細がわかりづらいと思うので、幼稚園や認可保育園や認可外保育園など施設によって手続き方法が少しずつ違うので、この記事で紹介させていただきます。

自治体によっては手続きで異なる部分があるかと思いますが、一例として参考にしていただけますと幸いです。

幼児教育・保育の無償化とは?

幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳までの全ての子供たちの利用料が無料になります。

0歳から2歳までの子供たちについては、住民税非課税世帯を対象として利用料が無料になります。

幼稚園、保育所、認定こども園に加え、地域型保育、企業主導型保育事業、認可外保育所も同様に利用料の軽減になります。

無償化の概要はこちらの記事を参考に

いよいよ始まる、幼児教育無償化 誰が対象?どの費用が無償になるの?対象や条件などをしっかりしておこう!2019年10月からはじまる幼児教育無償化。 無償化にしたところ待機児童問題や保育士の現象など課題はまだまだあるものの、私も年中さ...

認可保育園の場合

認可保育園に既に通っているお子さんの場合、特に手続き書類は必要ありません。

対象:3歳児クラスになるので3歳になった翌年の4月から5歳児が対象

ただし、年度途中に6歳になっても3月末までは無償化の対象。

無償化とはなっておりますが、0円になるわけではありません。

無償化になる部分は保育料のみです。

副食費(給食のおかず代)は4500円かかります(ここは自治体で違うかもしれません)

筆者の子供が通園が通園している保育園は白ご飯は毎日持参する形になってのでかからず、

場合によっては同じ市内で主食費を払う保育園もあるかもしれません。

また、父母会費や教材費、制服や体操服等のお金に関しては無償化の対象ではありません。

延長料金も無償化の対象外となります。

幼稚園の場合

幼稚園に既に通っているお子さんの場合、無償化の申請は幼稚園を通しての申請になります。必要書類は園から貰うまたは、自治体のHPから申請書類をダウンロードをする形になります。

必要書類:施設等利用給付認定兼給付申請書

預かり保育を利用している方保育を必要とする書類(例 就労証明書など)が別途必要となります。

対象:3歳の誕生日を迎えた日から対象

幼稚園の無償化になる部分は、月額上限2.57万円です。

保育園と同じく、父母会費や教材費、また送迎費などは無償化の対象ではありません。

保育園と幼稚園の無償化の対象の時期がずれているのは?

幼稚園は学校教育法上、満3歳(3歳になった日)から入園できることとされており、満3歳時は翌年度の4月をまたずに年少クラスに所属することが多いためです。ただ、幼稚園の預かり保育事業においては保育園と同様に3歳になった翌年度4月から無償化の対象時期となります。

認可保育園、幼稚園の利用料の支払い

認可保育園、幼稚園の利用料の支払いは、主食、副食費のみが請求される形になります。

園からいくらのお支払いの通知が来るのでその金額が口座引き落としされる形になります。

特に請求のための別途手続きは必要ありません。

認可外保育園の手続き

認可外保育園は、個人で申請書類を自治体へ申請する形になります。

例 ●●市 無償化 でネットで検索し、申請書類一式をダウンロードし、HPに記載してある自治体のHPへ申請書を提出する形になります。

必要書類:●施設等利用給付認定兼給付申請書
     ●保育を必要とする書類(例 就労証明書など)

保育を必要とする書類に関しては、自治体の認可保育園に申し込み時の書類と同一となります。

幼稚園の無償化になる部分は、3歳〜5歳児クラスは、保育料月額上限3.7万円

0~2歳児クラスまでの住民税非課税世帯の子どもたちは、保育料月額上限4.2万円までが

無償化の対象となります。

認可外保育園〜無償化の認定後の請求

認可外保育園の方は、施設に保育料を支払っている形になるので、一旦立替で保育料を施設に支払います。

その後、自治体から無償化の認定を受けると自治体に保育料の請求ができますので

下記の書類を自治体にご提出すると立替した保育料が戻ってくる形になります。

必要書類

●施設等利用費請求書 (2ヵ月毎に申請)

●領収証兼提供証明書 ( 施設が発行してくれるもの)

例えば、10月11月分の上記書類を12月までに送付→その後1月に支払い予定のイメージになります。