子育てのこと

産休・育休はいつから?育休は最大いつまで取れる?産休・育休の制度を理解し、復職するタイミングを考えよう!

お仕事に就いていて妊娠がわかった時、今後のライフプランを考えるかと思います。

仕事と子育てを両立しようと考えた時、いつからいつまで休みが入れるのか?休んでいる時の収入面は?と色々疑問が出てくるかと思います。

産休・育休の制度を理解しておくことで保活活動や会社への仕事の復職の相談などの時期を考えていきましょう。

産休の期間

産休期間には産前休暇と産後休暇がある

産前休暇

出産予定日から6週間前(双子の場合は14週間前)

産後休暇

出産の翌日から8週間

※出産日が予定より遅れたとしても出産した翌日から8週間となります。

産前休暇は会社に申し出ると取れる制度です。本人の望めば、産前休暇を取らず、ぎりぎりまで働くことができます。

産後休暇に関しては労働基準法で定められている為、産後8週間は働くことができません。

産休は、働いている人であれば、雇用形態に関わらず、利用することができます。

妊娠がわかったら、早めに上司には報告し、産休・育休取得希望の有無を伝えましょう。

仕事内容においては考慮してもらう必要がでてきます。また、つわりがひどく出勤できない日も出てくる可能性もあるのでわかったら早めの相談が良いかと思います。

育休の期間は最長2年

通常の育休の期間

産後休暇終了からお子様が1歳になるまでの前日までの期間となります。

復職の見込みがたたない場合

1歳までに復職できなかった場合、1歳半まで育休期間延長可能。

1歳半までに復職できなかった場合、2歳まで育休期間延長可能。

育休期間中の延長とともに育児休業手当の支給期間も同じく延長になります。

産後休暇後〜出産から180日までの期間⇨お給与の67%
181日以降お給料の50%

具体的な支給額は各々違います。
育休手当の時期や支給額に関してはこちら記事に載せています。

 

育休手当の初回振り込みはいつ?金額はどれくらい振り込まれるの?育休のお金事情妊娠し、産休・育休に入ると会社からのお給料は入らなくなります。 初めての出産だと、出産するとお金が入るのは知っているけど、どれくら...

 

ただ、誰もが2歳まで延長できるわけではありません。

大体の理由が下記の場合によります。

・保育所などが入所できないなど子ども預け先がない場合
・配偶者が主に子育てする予定だったが、病気や離婚などで出来なくなってしまった場合

 

保育園に一番入所できる時期

保育園の入所は待機児童がいなかったり、よほどタイミングよく空きが出た以外はなかなか年度途中に入所が厳しいの現状で、4月入所が一番入れる可能性が高いです。

特に今年の10月よりますます保育園入所は厳しくなるのではないでしょうか。

現在の認可保育園の4月入所は11月〜12月に申し込み書を出し、両親の就労状況、家庭事情に伴い、点数がつけられ、点数が高い人から保育園に入所できる仕組みになっています。

結果が1月末〜2月に発表され、待機になってしまった場合は、認可外保育園や預かり保育がある幼稚園など復職をどうしても急がなければならない場合は検討をしなければなりません。

育休が延長されたとしてもやはり、働くママにとって保育園の入所が一番課題になるのは間違いありません。

保活に関してはこちらの記事に載せています。

焦らない、保活活動を目指そう!保育園入所のポイントは入るタイミングを見極めよう! 待機児童問題、独身時代はよく耳にするものの保育園が入るのがこんなに難しいとは思わなかった・・・。 育休後、復職しようまたは就職しよ...

職場に復職時期を相談するタイミング

育休を早めに切り上げ、0歳児から入所を考えている場合は、できるだけ早めに相談し、この時期から復職したいと相談しましょう。育休を延長しないと決めている方は認可外保育園なども検討しなければなりません。

1歳の誕生日を復職の目処に考えている方は、大体、出産してから半年を目処に相談しましょう。具体的にはいつからなのか、もし、保育園が入所出来なかった場合は延長を考えているのかどうかを伝えることが大切です。