税金支払い

Yahoo!公金支払いで税金を支払うメリットとデメリットを知ろう!

税金のお支払いに使用していたnanacoギフトが2019年4月19日が販売終了してしまいました。クレジットポイントがつく大切なルートでしたのに非常に残念です。

税金支払いの方法の一つにyahoo公金支払い方法があります。本記事ではyahoo公金支払いサイトについてメリット、デメリット踏まえ、紹介いたします。

こちらが税の種類や地区によって対応しているところとまだ対応していない所がある為、事前に自分の地区が対応しているか確認が必要です!

Yahoo公金支払いって何?

Yahoo!公金支払いとは、地方公共団体の税金や各種料金を、Yahoo! JAPANのウェブサイト上でお支払いいただけるサービスになります。ネット環境があれば、いつでもどこからでも、インターネット上でお支払いが可能です。

Yahoo!公金支払いで支払える税金と各種料金について

税金 自動車税、固定資産税、住民税、国民健康保険、介護保険料、不動産取得税、ふるさと納税など
公共料金 水道料金、NHK放送受信料、ガス料金

Yahoo!公金支払いを使用するメリット

・貯まったTポイントを使用できる

通常のTポイントも期間固定Tポイントも使用できます。これは大きなメリットです。ポイ活で貯めたポイントもTポイントに交換し、税金支払いに利用できます。

ウェル活地域にない方は税金支払い用にTポイントを貯めるのも一つの方法です。

・ネットで完結する為、いつでもどこからでも申請が可能

払い込み用紙をわざわざ、コンビニに行く必要もなく、思い立った時に時間帯を気にせずにスマホ一つで完結するのは忙しい方にぴったりです。

・クレジットカードで支払いができる(分割で支払うことも可能)

新学期やGWと重なる時期なので手持ちの現金がどうしても足りないという方であれば、クレジット決済も可能です。さらに支払い時にはクレジットカードのポイントも貯まります。
ポイントの高い還元率のカードであれば、税金の支払いでポイントを貯めれます。

ただ、クレジットカード払いの場合は、デメリットに感じる部分もありますので後ほど、ご説明いたします。

Yahoo!公金支払いを使用するデメリット

・決済手数料がかかる

Yahoo!公金払いの一番のデメリットとして一番注意したいのは、決済手数料がかかることです。全国一律の金額決まっている訳ではなく、自治体、税金によって手数料に変動があります。

自分の自治体が対応しているかを含め、決済手数料を確認するには、Yahoo!公金払いのホームページでご確認ができます。

決定手数料(例)

自動車税 全国 一律324円(税込)
住民税 東京都
  •     ~10000円  54円(税込)
  • 10001円~20000円 162円(税込)
  • 20001円~30000円 270円(税込)
  • 30001円~40000円 378円(税込)
  • 40001円~50000円 486円(税込)
  • 以降10000円増える毎に108円ずつ加算
ふるさと納税 全国 0円

税金や自治体によっては、手数料無料で利用できるものもありますが、利用料が大きくなるとその分、高くなる傾向にあるところが多いです。これだとクレジットカードのポイントを貰っても手数料の方が高いというところもありますので事前に要確認です。

さいごに

いかがでしょうか。Tポイントを貯めてみたもののなかなか、ウェル活地域ではないし、使い道がないよという方や多少手数料がかかってもネットで完結したい方にとっては便利な支払い方法ではないでしょうか。