お金のこと

住宅ローン 夫婦で借りる際のメリット・デメリット

マイホームを検討の際に切っても切り離せない住宅ローン。

共働き働いている世帯が増えている中、住宅ローンを組む際、夫のみで借りるべきか、夫婦で借りるべきか迷うことだと思います。

夫婦で住宅ローンを借りる際に検討することは今後の家族のライフスタイルがポイントになってきます。夫婦共働きを続けるのか、子どもが生まれたらタイミングで専業主婦になるのかによって夫婦で借りることのメリット・デメリットが出てきます。

夫婦での借りるメリット・デメリットを知ることで賢く住宅ローンを組んでマイホームを手に入れましょう!!

夫婦で住宅ローンを組む際で覚える用語

収入合算~夫婦の収入を合算し、借入金額を増やすこと。どちらかが1人が代表し、
ローンを組む。
ペアローン~夫婦それぞれの収入に応じ、個別にローンを組む

共働き夫婦の想定されるライフスタイルに合わせた適切な組み方

現段階で共働き夫婦の場合、想定されるケースは3つあります。

①夫婦が共働き(正社員)で継続して安定した収入がある場合
②夫婦が共働きだが一方の収入が一定でない場合
③育児や介護で妻もしくは夫の一方が専業主婦(主夫)になる場合

ケース①・・・正社員で仕事や収入が安定している場合(育休や介護をしていても復職場所がある)

このケースの場合は、夫婦の収入合算やペアローンどちらでも問題ないでしょう。
ただ、育児や介護で収入がさがる可能性もあるので借りれる限度額まで借りるのはやめましょう。

ケース②・・・一方が収入が不安定、育休をとっても復職しづらい環境の場合

派遣社員や契約社員、自営業など、どちらかの仕事や収入が不安定な場合は、収入が安定している方で単独ローンを借りるか、夫婦の収入合算で借りる方法が2つあります。

どちらかの収入が激減した時も考慮に入れ、こちらも①ケース同様借りれる限度額まで
借りるのはリスクがあるのでやめましょう。

ケース③・・・育児や介護に専念する為、一方が専業主婦(主夫)になる場合

あらかじめ、子どもが出来たら育児に専念するなど決めている方においては、単独ローンで借りれる限度額内で借りるのがリスクが一番少ないかと思います。

夫婦で住宅ローンを返済する3つの方法

さて、想定される3つのケースをご覧いただきました。次は実際の住宅ローン夫婦での契約がどのようなものなかを見てみましょう。

・連帯債務型~夫婦が連名で住宅ローンを借り、住宅ローンの返済は共同で行う
・連帯保証型~審査の際は収入合算で行うが、名義および返済はひとりで行う
・ペアローン~住宅ローンを分割し、それぞれの債務について個々の勘定で返済

①連帯債務型

夫か妻どちらか一方が主債務者、もう一方が従たる債務者となって、夫婦1本で住宅ローンを組む契約となります。

メリット・・・夫婦それぞれが、所得税から住宅ローン控除を受けることができる

デメリット・・・団体信用生命保険の取り扱いは金融機関によって異なりますが、主債務者が亡くなった時には全額が出るが、もう一方の従たる債務者が亡くなった時は保険の適用がきかないケースが多い。

②連帯保証型

連帯保証は、1つの住宅ローンで一人が債務者がなり、もう1方が連帯保証人になります。
夫が住宅ローンの借主で妻がその保証人となる形です。

この契約方法はメリットより、デメリットの方が多い為、おススメはできません。

メリット・・・夫婦収入合算した金額までローンを組むことができます。

デメリット・・・夫婦で借りても住宅ローンの借りた契約者しか住宅ローンを受けることができない。

③ペアローン

ペアローンは夫婦それぞれが、住宅ローンの審査を受けて借りるものです。夫婦それぞれで契約するので契約は2本になります。住宅ローンの借入可能額はそれぞれの収入で借りられる金額を合わせたものになります。

メリット・・・夫婦それぞれで住宅ローンの減税と団体信用生命保険の保証がかかる。

デメリット・・・契約が2本になるので住宅ローンにかかる手間や書類、金銭消費賃貸借契約書に添付する印紙代が2倍になります。また、二人とも住宅ローンの審査に通る必要がある為、片方が通らないと結局住宅ローンを組めない結果になったり、借り換えにおいても夫婦二人審査に通らなければならないので、万が一片方が働けなくなり、収入が下がった場合、非常に面倒くさいことになります。

さいごに

ローンの組み方は今後の暮らし方にも大きく影響を与えることになります。安易に収入合算して限度額ぎりぎりで借りてしまうと万が一、片方の収入が激減した時にせっかく購入したマイホームを手放なさければならなくなったという状況になるかもしれません。

夫婦で共働きの方はある程度の今後のライフスタイルを踏まえて、住宅ローンの借入額を考えましょう。