保活活動

焦らない、保活活動を目指そう!保育園入所のポイントは入るタイミングを見極めよう! 

待機児童問題、独身時代はよく耳にするものの保育園が入るのがこんなに難しいとは思わなかった・・・。

育休後、復職しようまたは就職しようとお考えになり、保育園探しをスタートし、待機児童の実情を知り、不安な日々を過ごされているかと思います。

しろくま長男(第一子)の育休とった後、復職しようと4月入所に申し込みました。第5希望まで書いてたので待機児童と言ってるもののどこかは入れるでしょうと鷹をくくっていましたが、あっさり第5希望全て全滅。結局、4月からは認可保育園に入ることが出来ず、認可外預けることになった苦い経験があります。

保活のタイミングや知識を持っていることで少しでも有利に効率的に動いていただけるようこちらの記事で紹介させていただければと思います。

保活って何?いつから何をすればいいの?

保活とは、保護者が子どもを預ける為の保育園・保育所を探す活動のことです。
略して「保活」。言葉の意味を知ったところでどのように保活をするのがスムーズなのか
私の体験談も含めてお伝えしようと思います。

保育園といっても色々種類がありますが、ここでは認可保育園に関することをメインにお話していきますね。

保活はいつからスタートすればいいの?

実際に保育園を見学に行ったりするのは、子どもが生まれてから入所する4ヶ月〜半年前を目安でいいと思います。

妊娠中に保活をされている方もいますが、正直なところ先着順ではないので早く保活をスタートとしたからといって保育園に入れる訳ではありません。

実際に子育てを体験してから保育園に見学された方がイメージもつきやすいと思います。

保育園の新年度の申し込みの時期を知ろう

認可保育園の※新年度申し込み時期は自治体にもよりますが10月上旬〜12月下旬までがほとんどだと思います。

※新年度は4月1日入所のことを指します。

この申し込み時期に書類を第一希望の保育園もしくは区役所(自治体による)に提出します。

復職、就職時期を考えよう

妊娠中にすることは保育園を探すことより、自分の働き出す時期を明確に決めましょう。

育休中の方は、人事などに保育園が入所できなかった場合、いつまでお休みを取ることができるのかしっかり確認することが大切です。復帰時期の絶対度によっては認可保育園だけでなく、認可外保育園などそれ以外で預ける方法も考える必要性がございます。

求職中の方は、まず就職を決めることが先決です。
認可保育園に限ったことを言えば、第1子の保育園入所申し込みでは求職中の場合は保育所に入所するのはなかなか難しいです。採用人事担当者にお願いし、入社時期を4月の入所に合わせていただくか、まず認可外や実家に預けて働くなど選択肢を増やしていかないといけません。

1番保育園に入所できる確率が高いのは4月1日入所です。

実際に保育園に見学に行ってみよう

保育園の申し込み方法は希望の保育園に電話し、「見学したいのですが〜」と伝えるだけです。あとは園の方で提示してくれる日に実際に見学する流れになります。

保育園の選び方

これは仕事に復帰する時期の絶対度にもよりますが、出来る限り、認可保育園・認可外保育園含めて通いやすいところで絞るべきかなと思います。正直、復職してからはバタバタしている中で動くので体力的・精神的にかなり削られます。通いづらいところだと復職してからが本当に大変になります。

職場に近いところか、通勤途中にあるか、自宅に近いところかいくつかピックアップしてみましょう。実際の見学の際は通勤ルートも一緒に確認して送り迎えのイメージを持ちましょう。

実際保育園の見学で見るべきポイント

保育士さんが子ども虐待していたニュースが流れる時ほど、不安になることはありません。
HPでどんな綺麗な写真やカリキュラムがしっかりしても、実際どのように子供に接しているかどうかは行ってみないとわかりません。働いている自分の変わりに子供を任せるので必ず入れたいと思っている保育園には足を運びましょう。

①子ども達、保育士さんが楽しそうにしているか?

保育園なので笑っている子もいれば、泣いている子もいます。見るべきポイントは全体的に保育士さんが子ども達にどのように接しているかです。

子どもは正直なので好きな保育士さんの周りに集まります。
その時に子供たちはどんな表情をしているか、また保育士さんはどんな接し方を見ているのかよく見てみてください。

職場環境が整っている保育園だと保育士さんはいきいきしています。
保育士さんがいきいきしているということは子ども達の環境にも直結することなので
重要なポイントだと言えるのではないでしょうか。

②事務所や廊下、階段が綺麗かどうか

保育園の外観が綺麗だと館内も新しく見えるものですが清掃に力を入れているかは、
中で働く人次第になる為、確かめましょう。

免疫の少ない小さな子ども預けるので保育園内は清潔でないといきません。
清掃が行き届いていないということは、そこまで手が回っていないか感染症のリスクを
軽視している恐れがあります。

普段、使う教室やトイレは優先的に保育士さんもお掃除をすることでしょう。
お掃除の優先度の低い場所を見ることで日頃の習慣が見えてくると思います。

事務所に関しては机に書類が山積みになってたりすると個人情報の管理の不安が感じられるので要注意です。

申し込み時期までにやること

実際に保育園を見学したら、あとは申し込み時期まですることはないです。今では認可保育園は点数制になっているので、どんなに保育園に入れる必要性を区役所や保育園に訴えても残念ながら変わらない仕組みになっております。

万が一の時に備えて認可外保育園や、それ以外の預け方法を探すことが終わったら後はお子さんとの時間を大切になさってください。

ネットで待機児童、保育園に入れる方法とか検索はただただ気持ちが暗くなり、不安が煽るだけなので、絶対おすすめしません。

さいごに

筆者は待機児童問題というのはニュースでよく聞いていても子どもが生まれ実際に保育園に預けるようになるまで深く考えていませんでした。

冒頭にも書きましたが筆者が長男の時は4月入所でも認可には入れませんでした。認可外に預けましたが、認可外もアットホームでとてもよく、安心して預けれてました。

ただ、どうしても経済的な事情もあるので認可保育園の空きあくのを働きながら待っていると6月に運良く認可保育園の枠が空き、第3希望のところに入れることになりました。

なので4月入所で待機になってしまった方、どうか諦めないでくださいね。