お金のこと

共働きで産休、育休中でも扶養内に入れる?お得な節税対策

産休、育休中でも条件を満たせば、配偶者控除を利用できることを皆さんご存知でしょうか?私も1人目育休入り、復職した時に知った事実です。フルタイムで働いているので扶養に入るのは無縁だと思ってました・・・。

扶養内に入れる人は何万単位での節税対策になりますのでこの記事で説明します!

出産手当金や、育児休業給付金は年収に含まれない

例えば、こんな場合でも配偶者控除に入れます。

・4月より産休
・5月出産
・1月~3月で60万のお給与
・出産手当金、出産育児一時給付金、育児休業給付金を貰っている

「産休手当や育児給付金貰っているから受け取れないんじゃないの?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、出産手当金、出産育児一時金、育児休業給付金は年収に含まれません。

年収が103万円以下なので配偶者控除の対象となります。

配偶者控除と配偶者特別控除の違いは?

●配偶者控除
妻の給料年収103万円(所得38万以下)→配偶者控除

●配偶者特別控除
妻の給料年収103万超201万5999円以下(所得38万超123万以下)

配偶者控除・配偶者特別控除の手続きの方法に関して

手続きの方法に関しては2種類あります。

●年末調整・・・こちらが1番楽な方法です。夫の勤め先に配偶者控除になる旨、伝えましょう。大抵、10月~11月に年末調整の書類が届くのでそちらに記載することで手続き完了となります。

●確定申告・・・性格には還付申告といいます。納めすぎた税金を還付してもらうためのもので確定申告期間(2月16日~3月15日)とは関係なく、その年の翌年1月1日から5年間行うことができます。

≪必要書類≫
✳︎夫婦それぞれの源泉徴収票
(育休中で源泉徴収票ない場合は年間の収入がわかるもの)
✳︎夫の認め印
✳︎夫名義の通帳

貰い忘れてたという方でも5年は遡って請求できます。お住まい近くの税務署に聞けば、必要な書類とか教えて貰えます。

税金は知識を持って自分から申請しないと、税務署からこの手続きしたら税金返ってきますよとお知らせが来るわけではないので、損しないように調べていかないといけないですよね。