暮らしのこと

女性のライフステージの変化による働き方の選択

ライフステージとは・・・人生おいて節目の時期にあたる出来事
(出生、入学、卒業、就職、結婚、妊娠、出産、子育て等)

女性のライフステージにおける選択とは

女性は、男性と比べライフステージが変化する度に働き方の選択を求められる傾向があります。

  • 旦那さんが転勤になる→今の仕事をまだ続けるor転職するor辞める
  • 妊娠する→仕事を続けるor辞める
  • 出産→育児に専念or仕事との両立
  • 育児と仕事→働き方の見直し→今の職場で時短orフルタイムor転職or起業
  • 子ども2人目以降はどうする?

などこの他にも色々ありますよね。

各ライフステージになるにあたり、本当はもっと働きたいのに、保育園が見つからないから働けない、旦那さんが転勤するから今の職場を辞めなければなど制限が男性より多いのかなと思います。

何を優先するべきか

大切なのは自分自身で選択をすることが大切なのではないでしょうか。

子どもが出来て育児に専念すると自分で選択するのと働けない環境だから育児に専念するというのは環境は一緒でも満足度が違います。

年を重ねるにつれ、あの時、本当は働きたかったのに、逆に仕事を辞めて育児に専念したかったと後悔しないように自分の意思で人生を選びたいですよね。

もちろん家庭の事情や環境によって選択範囲は狭まるかもしれません。でも自分が選んで選択した人生ならやっぱり多少辛くても頑張れるはずだと私は感じております。

筆者自身も100%自分のやりたいことを仕事にしている訳ではありませんが、働き続けると自分自身で決めたことなので仕事のことで家族に不満をぶつけたりなどはありません。

家事を手抜きしてごめんなさいとは思っていますが(涙)

さいごに

筆者自身、育児と仕事の両立が出来ているのか常に葛藤しながらバタバタ毎日を過ごしております。その葛藤や悩みながら工夫をしていく過程を発信していくことで誰かの役に立てれば嬉しいなと感じております。